バストアップで美しい胸になる|理想のスタイルGET

バスト

豊胸手術の種類

女性

メリットとデメリット

整形手術で胸を大きくすることを豊胸手術といいます。豊胸手術と一口にいっても複数の種類があります。豊胸手術をするときには、手術ごとのメリットやデメリットをよく理解して、自分にあった手術を選ぶことが大切です。昔からよく行われているのが、生理食塩水やシリコンなどのバストアップ用インプラントを胸の中にいれる「バッグプロテーゼ挿入法」による豊胸手術です。バッグプロテーゼ挿入法は、一度に大幅にバストアップできる、半永久的に効果が続くというメリットがあります。ただし、全身麻酔を必要とする外科手術になるので体力を消耗する、体に傷がつくというデメリットがあります。脂肪を入れる「脂肪注入法」という豊胸手術もあります。胸の中に自分自身から採取した脂肪細胞を注入する豊胸手術です。脂肪注入法による豊胸は自分の脂肪を使うので、バッグプロテーゼ挿入法よりも安全性が高くなります。人工物を胸の中にいれるような違和感がなく、自分自身でも豊胸したことを忘れるほどナチュラルな仕上がり、触り心地に仕上がります。しいてデメリットを上げるならば、脂肪の生着率が悪いと希望通りのサイズにバストアップできないことです。ヒアルロン酸を使ってバストアップするプチ整形「ヒアルロン酸注入法」は、豊胸手術の中で最も簡単にできます。局所麻酔をして注射をするので痛みがなく、すぐに日常生活に復帰できます。ただし、持続性がなく1年ほどしか効果が持たない、1カップほどしかバストアップできないというのがデメリットです。

自然な仕上がりになる

バッグプロテーゼ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法など、様々な豊胸手術がありますが、どの手術にも共通しているのが即効性があるということです。外科手術でもプチ整形のヒアルロン酸注入法でも、手術をしてすぐにバストアップ効果を実感することができます。豊胸効果があるバストアップサプリや豊胸マッサージなど、整形以外のバストアップ方法はいろいろありますが、どれも即効性がなく、効果が得られるまで地道な努力が必要です。しかし、美容整形ならそのような努力をする必要がなく、その日のうちにすぐに理想に近い大きな胸が手に入るのです。また、大きさだけではなく、形も自由自在にできます。バッグプロテーゼ挿入法で使用するシリコンバッグには100種類以上あり、サイズや形がそれぞれ違います。お椀型、しずく型、釣り鐘型などの形があり、好きな大きさや形のシリコンバッグを選ぶことで、それがそのまま自分のバストになります。シリコンバッグはひと昔よりも格段に耐久性や安全性が高くなっており、触り心地もバストと同じ触感で、本当の人間の肌のような柔らかさです。脂肪注入法やヒアルロン酸注入法などの注入系豊胸手術でも、注入する場所や注入する量を選ぶことで、バストを好きな形にできます。注入系の豊胸はバストにメスを入れずに済むので傷あと残らず、ダウンタイムが短く面倒なアフターケアもほとんど不要です。異物感がなく、見た目でも触っても気づかれないほど自然になじむので人気のある豊胸手術です。